Pepper Shop/ペッパーショップ

Jump to content.

Pepper Shop/ペッパーショップ

Open to the public. Since 1993.

検索

アーカイブ

はじめまして! 女子高生AIりんなです


2016年11月12日 イースト・プレス
はじめまして! 女子高生AIりんなです
著: 女子高生AIりんな
撮影: 中村紋子
デザイン・組版: 古賀学(ペッパーショップ)
編集: 大田洋輔

スイート水中ニーソ SALVAGE: 3


「スイート水中ニーソ SALVAGE: 3」
撮影+特撮:古賀学 モデル:山口愛実
造型:島本娼弘 2016年10月19日公開

 幻となってしまった新刊「スイート水中ニーソ」から未公開作品を公開していく連載「スイート水中ニーソ SALVAGE」。第3回(毎週水曜公開・全4回)は「ザ・アビス01・オクトパシア」装備の山口愛実。前回のイカちゃん(ザ・アビス02・クラーゴン)に引き続き、今回はタコちゃんです!
 いつも重力から解き放たれた軽やかな女の子の魅力をお伝えしている水中ニーソですが、「スイート水中ニーソ」メカ触手編では超重装備が浮力によって力強く自立する姿を水中撮影+特撮で実現しました。スイムウエアはREALISEのフロントジッパー競泳水着。エナメル風の光沢が水中でも活きています。

(Read on …)

スイート水中ニーソ SALVAGE: 2


「スイート水中ニーソ SALVAGE: 2」
撮影+特撮:古賀学 モデル:真縞しまりす
造型:島本娼弘 2016年10月12日公開

 イカちゃんです! 幻となってしまった新刊「スイート水中ニーソ」から未公開作品を公開していく連載「スイート水中ニーソ SALVAGE」。第2回(毎週水曜公開・全4回)は「ザ・アビス02・クラーゴン」装備の真縞しまりす。
 2014年の写真集「水中ニーソプラス」に登場したメカ(水中専用ニーソ/デザイン+造型:NAOKI)と触手(ヒョウモンダコ/海洋堂カプセルQミュージアムより)の要素が合体して、2016年はとうとう「メカ触手」に進化してしまったのです!

(Read on …)

スイート水中ニーソ SALVAGE: 1


「スイート水中ニーソ SALVAGE: 1」
撮影:古賀学 モデル:山口愛実 2016年10月5日公開

 女の子が吐き出して天に向かって上昇して水面に触れて消えていく儚い泡。泡の美しい形、美しい輝き。2016年6月下旬にハードディスク事故によって未公開作品を含む過去1年分の作品データを消失させてしまいました(リカバリー会社にも努力してもらいましたが残念ながら復旧は叶いませんでした)。
「スイート水中ニーソ SALVAGE」はその未発表作品の中から連絡用画像(メールやメッセージでモデルや関係者にプレビューするための画像)として、かろうじて残っていた作品を公開していく連載です。もう展示プリントや印刷物にはできないのですが未公開のまま消えてしまうのも悲しいので、ネットの海に吐き出してみます。
 毎週水曜公開(全4回)、第1回は新器材「テティス」装備の山口愛実。

(Read on …)

写真展「ウルトラ怪獣水中ニーソ化計画」


(画像クリックで拡大画像が開きます) ©円谷プロ

古賀学「ウルトラ怪獣水中ニーソ化計画」展
開催期間:2016年8月5日(金)〜8月17日(水)
(8月11日(木)休廊)
会場:原宿・PATER’S Shop and Gallery
開館時間:12:00〜19:00
入場料:無料


(画像クリックで拡大画像が開きます) ©円谷プロ

ギャラリー情報
PATER’S Shop and Gallery
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-31-18 →地図
TEL.03-3475-4947 FAX.03-3408-5127
公式サイト:http://www.paters.co.jp/

写真集「水中ニーソ4(仮)」制作凍結と個展「ウルトラ怪獣水中ニーソ化計画」に関するご報告

[準備中だった水中ニーソ新刊]
2013年「水中ニーソ」、2014年「水中ニーソプラス」、2015年「水中ニーソキューブ」と写真集と写真展をセットで展開していた水中ニーソシリーズ。2016年夏に向けて昨年末から(月刊水中ニーソと平行して)第4期の水中ニーソを制作していました。タイトルは「スイート水中ニーソ」。「一揃えの」を意味する「SUITE」水中ニーソです。8月5日〜17日で原宿ペーターズギャラリーでの個展も決定し、印刷所への入稿スケジュールも調整中でした。


スイート水中ニーソ(スタティック・ディスプレイ) モデル:真縞しまりす

[事故の報告]
水中ニーソ・プロジェクト始まって以来の大ピンチに陥っております。6月25日〜26日に「スイート水中ニーソ」に向けた最終的な撮影を終了したのですが、26日深夜、HDDが認識しなくなり3TBある中身にまったくアクセスできなくなりました。翌27日、国内最大手の復旧センターにHDDを持ち込み7月下旬まで入院することになりました。HDDの内容について復旧をお願いするしかない状態です。

HDDの内容は2015〜2016の水中ニーソのほぼ全て全部です。いっさいのバックアップをとっておりませんでした。「水中ニーソキューブ」も「月刊水中ニーソ」もそれに関する入荷用バーコードや送付リストなどの事務的なファイルも全てHDDの中。そしてつくりかけで未発表の新刊「スイート水中ニーソ」もHDDの中です。「月刊水中ニーソ」8月号以降と「スイート水中ニーソ」についてはHDDの回復を祈って退院してくるのを待つしかないので、7月下旬まで制作を凍結します(クライアントワークだけが別のHDDにあるので助かっております)。


月刊水中ニーソ8月号(表紙) モデル:山口愛実 ※画像は制作中のものです。

[原宿個展]
さて8月5日〜17日の原宿ペーターズギャラリーでの個展なのですが、平行して進めていた「スイート水中ニーソ」の次なるプロジェクトを繰り上げで展示を行えないか関係各位で調整を行いました。円谷プロダクションと電撃G’sマガジンとコラボレーションする「ウルトラ怪獣水中ニーソ化計画」という展示です。今年7月で放映50周年を迎える「ウルトラマン」シリーズに登場する怪獣をニーハイソックス化し、水中ニーソ作品を撮り下ろしています。個展まですでに1ヶ月ない状態ですが、これから順次情報公開して行きます。


ウルトラ怪獣水中ニーソ化計画(ダダ) モデル:えみりんご
ニーハイソックス:POOLSIDER スイムウエア:REALISE ©円谷プロ

古賀学「ウルトラ怪獣水中ニーソ化計画」展
開催期間:2016年8月5日(金)〜8月17日(水)
 (8月11日(木)休廊)
会場:原宿・PATER’S Shop and Gallery
開館時間:12:00〜19:00
入場料:無料

ギャラリー情報
PATER’S Shop and Gallery
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-31-18 →地図
TEL.03-3475-4947 FAX.03-3408-5127
公式サイト:http://www.paters.co.jp/

写真集「月刊水中ニーソ」7月号


写真集「月刊水中ニーソ」7月号
特集:水中ニーソオーディション
Here come the new girls!
撮影+編集:古賀学 発行:ペッパーショップ

A5判・28ページ・中綴じ・1,000円+税

スプライト・ウェブショップ→写真集「月刊水中ニーソ」7月号

毎月写真集を刊行していく「月刊水中ニーソ」。7月号は特集「水中ニーソオーディション Here come the new girls!」と題し、2016年4月〜5月に行われた水中ニーソの新モデルオーディションの結果発表写真集です。Mio兔(ミオ・ウサギ)、工藤桃子、先(サキ)の3人即戦力に決まりました。今後に期待するとくべつ賞、そしてオーディション審査員の古賀学、真縞しまりす、NAOKI、大田洋輔、佐伯剛規、渡邊徹のコメントも掲載。記事ページのイラストは即戦力の3人をたくわん娘が描き下ろしています。

モデル:Mio兔(ミオ・ウサギ)、工藤桃子、先(サキ)
とくべつ賞:九条ねぎ、橘しおん
お手本:真縞しまりす、えみりんご
陸上撮影:逢坂憲吾

イラスト(たくわん娘)/これから見えてくる「水中ニーソ」の新たな風景(本橋康治)/しまりす的裏ばなし(真縞しまりす)/いつ、どこでもあっちの世界にいけるのがいいんじゃろ。(渡邊徹)/“メジャーデビュー”前史1(大田洋輔)/リボルテックへの道 #04(企画開発・株式会社海洋堂/キャラクターデザイン・conix/原型制作・アトリエしまね)/若き新人監督たちの登竜門、苦難と栄光?の「ピラニア」シリーズ(ワーゲン)

写真集「月刊水中ニーソ」6月号


写真集「月刊水中ニーソ」6月号
特集:水中モデルひゃくめんそー
水中ニーソにニーソが必要だと思ったら大間違いだ!
撮影+編集:古賀学 発行:ペッパーショップ

A5判・28ページ・中綴じ・1,000円+税

スプライト・ウェブショップ→写真集「月刊水中ニーソ」6月号

毎月写真集を刊行していく「月刊水中ニーソ」。6月号は特集「水中モデルひゃくめんそー 水中ニーソにニーソが必要だと思ったら大間違いだ!」と題し、水中モデルの顔にズームアップした写真集です。ニーハイソックスはほとんど写っていません!記事ページ描き下ろしイラストは少女をモチーフに詩やイラストレーションやグッズ・漫画を制作している香夏子。前号までは「カプセルフィギュア化への道」といっていた海洋堂フィギュア連載は一転!なんと可動フィギュア・リボルテックの企画として原型製作中なのです。

モデル:真縞しまりす(しまりすちゃん)、星守紗凪、えみりんご

イラスト(香夏子)/UNDERWATER vol.3 @京都メトロ(テンクモヒカリ)/しまりす的裏ばなし(真縞しまりす)/マスク顔の罠①〜③(中尾友美)/この夏のルーキーは逸材揃い(本橋康治)/水中ニーソに写り込む筋肉の機能美(大田洋輔)/眼の力を引き出すメイク(田代裕梨)/美少女顔を生かすメイク(田代裕梨)/カプセルフィギュア化への道 改め リボルテックへの道 #03(海洋堂・宮脇修一+キャラクターデザイン・conix+原型(途中)・アトリエしまね、いしだしんいち)/海底から来た美女、盛況期の邦画からハリウッドへ伝わったもの(ワーゲン)

IGNITION


海外向けメディア「IGNITION」にてインタビュー記事が掲載されております。水中ニーソ誕生から写真集三部作を経て月刊までの流れを語っております。

“The Underwater Girl Wore Knee Socks”
A conversation with Manabu Koga, creator of Underwater Nīso

写真集「月刊水中ニーソ」5月号


写真集「月刊水中ニーソ」5月号
特集:水中ニーソニーソ春夏カタログ SIDE:B
セカンドサマーオブなに
撮影+編集:古賀学 発行:ペッパーショップ

A5判・28ページ・中綴じ・1,000円+税

スプライト・ウェブショップ→写真集「月刊水中ニーソ」5月号

毎月写真集を刊行していく「月刊水中ニーソ」。5月号は特集「水中ニーソニーソ春夏カタログ SIDE:B セカンドサマーオブなに」と題し、販売中のPOOLSIDER・水中ニーソニーソ特集のつづきです。2015年の写真集「水中ニーソキューブ」に登場するソーダ、スノー、ラインと、2014年の写真集「水中ニーソプラス」をモチーフにした水中専用ニーソ、ヒョウモンダコを展開。それぞれの写真集の解説ページもあります。記事ページイラストはウチボリシンペ描き下ろしと加遠宏伸「大功者ナギ」別冊少年マガジンセンターカラーページを再録しています。

※ウチボリシンペ個展「大塚にもぶきた」5月2日〜15日
※加遠宏伸「大功者ナギ」2巻(講談社)5月9日発売

制作協力:株式会社UEVO
モデル:えみりんご、みほこ
陸上撮影:安江正実

イラスト(ウチボリシンペ)/イラスト(加遠宏伸「大功者ナギ」より)/崖と浅場を使いこなすポイント(中尾友美)/しまりす的裏ばなし(真縞しまりす)/次なる水中ニーソモデルを探してオーディション開催(本橋康治)/水の中はかわいさが2倍。夏のさみしさも2倍にする。(大田洋輔)/闇で光る渡邊課キャップ(渡邊 徹)/個展とコミックスの5月/カプセルフィギュア化への道 #02(海洋堂・宮脇修一 ラフスケッチ・conix)/集約と拡散、フロリダの人魚ショーとよみうりランドの水中バレエ劇場(ワーゲン)

« 前ページへ次ページへ »