Pepper Shop/ペッパーショップ

Jump to content.

検索

アーカイブ

IGNITION


海外向けメディア「IGNITION」にてインタビュー記事が掲載されております。水中ニーソ誕生から写真集三部作を経て月刊までの流れを語っております。

“The Underwater Girl Wore Knee Socks”
A conversation with Manabu Koga, creator of Underwater Nīso

ホビージャパンエクストラ 2016 Spring


2016年3月31日 ホビージャパン
『ホビージャパンエクストラ』2016 Spring

特集:模型のホメかた。
プラモデル×水中ニーソが掲載されています。
水中撮影:古賀学
モデル:星守紗凪

「菊地成孔が最近よく読んでいる、ここ数年で出た19冊」に「水中ニーソキューブ」が掲載されました。

HMV&BOOKS TOKYO(渋谷)で行われていた「レクイエムの名手」刊行記念ブックフェアで配布された「菊地成孔が最近よく読んでいる、ここ数年で出た19冊」という選書フェアで配布されたリーフレット(配布開始2016年1月)に「水中ニーソキューブ」が掲載されています。

1.ハービー・ハンコック「ハービー・ハンコック自伝」
2.ミシェル・ルグラン、ステファン・ルルージュ「ミシェル・ルグラン自伝」
3.アンディ・ハミルトン「リー・コニッツ/ジャズ・インプロヴァイザーの軌跡」
4.松尾潔「松尾潔のメロウな季節」
5.濱瀬元彦「チャーリー・パーカーの技法/インプロヴィゼーションの構造分析」
6.牧眞司、大森望 編「サンリオSF文庫総解説」
7.村田沙耶香「殺人出産」
8.中原昌也「知的生き方教室」
9.チャイナ・ミエヴィル「都市と都市」
10.坂村健「毛沢東の赤ワイン/電脳建築家、世界を食べる」
11.比嘉徹徳「フロイトの情熱/精神分析運動と芸術」
12.田中伊佐資監修/新宿ピットイン50年史編纂委員会編「新宿ピットインの50年」
13.古賀学「水中ニーソキューブ」
14.山本信太郎「昭和が愛したニューラテンクォーター/ナイトクラブ・オーナーが築いた戦後ショービジネス」
15.中井祐樹「希望の格闘技」
16.サマンタ・シュウェブリン「口のなかの小鳥たち」
17.ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール「もうすぐ絶滅するという紙の書物について」
18.筒井康隆「創作の極意と掟」
19.ジャネット・ウィンターソン「オレンジだけが果物じゃない」

———————————————————————————
13.古賀学「水中ニーソキューブ」
ペッパーショップ/2015年
数多ある「フェチ写真集」の中でも、最も金が掛かり、最もスキルを要する「アンダーウォーター(水中)フェチ」の写真集。ジャパンクールの一部隊として充分世界で戦えるだけのクオリティと、「最早これはフェティッシュではないのでは?」と思わせしめる、所謂モダンアートな感覚。著者であり撮影者である古賀学は、単なる「50代のフェチおじさん」ではなく、アンダーウォーターフェチ100年の歴史(実際には古代まで遡るが)を踏まえ、コレクトし、最新のミックスで、つまり知将としての見事な振る舞いで、(従来のフェティッシュ写真集、並びにフェティシストの欲望それ自体の具現である)不潔さや貧乏臭さを敢然と排撃し、あらゆるリビドーが液状化してゆく「萌えとインポテンツ」の戦争状態に空爆を行う。
———————————————————————————

実際の古賀学はまだ40代なのですが(笑)、これは古賀と一緒に制作をつづけているワーゲン氏(仮名/月刊水中ニーソで水中美女100年史連載中/氏は50代です)も融合した人格としての古賀学と解釈しました。このエールを受け止めて水面下からの空爆を継続していきますよー。

菊地成孔さんの新刊はこちら→「レクイエムの名手 菊地成孔追悼文集」

月刊カメラマン2月号・着衣のエロス


2016年1月20日 モーターマガジン社
『月刊カメラマン』2016年2月号

特集2:着衣のエロス
魚返一真、舞山秀一、伊藤 彰、古賀 学、常盤 響、堂野一圭、安達 貴
2ページ掲載されています。
モデル:星守紗凪、真縞しまりす、みほこ

「イグジストアーカイヴ」テレビCM



PS4/PS Vita用ゲームソフト「イグジストアーカイヴ」のテレビCMの水中撮影、演出、映像編集を古賀学が手掛けました。

「イグジストアーカイヴ」テレビCM
制作:株式会社ビサイドゲームズ
演出+水中撮影+編集:古賀学
出演:ティファニー春香、星守紗凪
ナレーション:諏訪部順一
メイク:田代裕梨
衣装:コスプロップ
水中撮影ユニット:(スプライト)西村辰哉、中尾友美、古賀恵、大原絵美理
照明アシスタント:佐伯剛規(ペーターズギャラリー)、本橋康治

2015年12月10日(地上波オンエア開始)スパイク・チュンソフト
2015年12月17日(発売)PS4/PS Vita「イグジストアーカイヴ」
イグジストアーカイヴ|スパイク・チュンソフト 公式サイト


15秒ver.


30秒・まゆらver.(出演:ティファニー春香)


30秒・蘭世ver.(出演:星守紗凪)


メイキングムービー

(古賀学コメント)
水の中の女の子に恋する映像や写真を撮っている古賀学です。これまでミュージックビデオや「水中ニーソ」というシリーズ写真集をつくってきました。このCMではモデルの水中演出と水中撮影、そして映像加工と編集を担当しています。ぼくにとっては初のテレビCMです。イグジストアーカイヴの異世界のイメージを水中撮影を使って描き出すというテーマで製作しました。水中撮影とはいっても「水そのものは映さない」ことで、水中でも空気中でもない異世界を表現してみました。水と同じ浮力と圧力と粘度をもつ濃密な「何か」に覆われ包まれた女の子を撮っています。その衣装や髪の毛をたゆたわせる「何か」は決して苦しかったり冷たかったり恐かったりはしない、とても気持ちのいい贅沢な物質なんですよ。想像ですけど。実際の現場で「水そのものを映さない」で「何か」を撮る方法は、できるだけ泡を出さないことと、できるだけ水面を動かさないことです。スタッフ一同モデルと一緒に息を止めて「だるまさんがころんだ」状態の水中撮影現場でした(笑)。

»「水中ニーソ」古賀学が初のTVCM 水中で漂う美女を神秘的に映し出す|KAI-YOU
»「水中ニーソ」の古賀学がゲームCMを撮影!箕星太朗デザインのキャラが水中に漂う|インサイド
»「イグジストアーカイヴ」,30秒版テレビCMとメイキングムービーを公開。出演者のティファニー春香さん,星守紗凪さんのコメントも到着|4Gamer.net
»『イグジストアーカイヴ -The Other Side of the Sky-』テレビCMメイキング映像とCMスタッフ・キャストのコメントが公開【動画あり】|ファミ通.com
»『イグジストアーカイヴ』幻想的演出が綺麗なCMはこうして作られた! メイキング映像と蘭世ver.が公開|電撃オンライン
»まるでCG!古賀学が手掛ける『イグジストアーカイヴ 』のTV-CMが公開!|ザ・ストリーム ニュース
»水中を漂うモデル美女が幻想的すぎる|Yahoo!映像トピックス
»ティファニー春香 イグジストアーカイヴのCMに出演する金髪の美女|このCMの女の子誰?
»星守紗凪 イグジストアーカイヴのCMに出演する黒髪の女の子|このCMの女の子誰?
»Exist Archive riceve due Spot in Live Action e un video Making-Of|Loving / Gaming
»Exist Archive: The Other Side of the Sky estrena nuevo ‘spot’ y ‘making-of’|Region PlayStation|Region Play Station
»[水底攝影]PS4 遊戲 《Exist-Archive》宣傳影片是這樣拍攝的|Photoblog.hk

みんなのメカトロウィーゴ


2015年10月30日 ワールドフォトプレス
フィギュア王特別編集『みんなのメカトロウィーゴ』

小林和史さんのウィーゴがかわいい本になりました。撮りおろしのウィーゴ特撮水中ニーソ×水中ウィーゴで参加させて頂きました。ちょっとトークも載ってます。

海洋堂50周年アニバーサリー映像


KAIYODO 1964-2014
video work: Manabu Koga
music: 人間組曲現象 – neon city (karaoke)

2014年4月18日(金)ヒルトン大阪で行われた「海洋堂創業50周年記念パーティー」にお呼ばれしてきました。海洋堂ゆかりの著名な方や模型業界を代表する有名造形家のみなさんが一同に会し、海洋堂社長:宮脇センム(宮脇修一)さんご本人が司会をするというすごいパーティーでした。

そのパーティーでお披露目された“海洋堂50年の足跡を5分間にまとめた”アニバーサリー映像を古賀学が製作担当しました。今後もいろいろな海洋堂50周年行事(展示やトークなど)で上映されて行くそうです。

1964年にプラモデル屋としてスタートした海洋堂が、ガレージキットメーカーになり、ワンフェスの主催になり、アクションフィギュアメーカーになり、食玩ブームが社会現象になり、フィギュアブランドを確立し、現在進行形で変化を続ける50年。とても楽しく作業させていただきました。海洋堂50周年おめでとうございます!


パーティー会場で村上隆さんがiPhone撮影した写真より。

文化庁メディア芸術祭・特別シンポジウム オープニング映像

Directed by Manabu Koga
Produce and Text Edit by Kiyoshi Kusumi
music: DAISY -USYN (MarginalRec.)

2014年2月16日(日)13時〜15時、国立新美術館3階講堂で行われた文化庁メディア芸術祭・特別シンポジウム「ジャパン・コンテンツとしてのコンテンポラリー・アート─ジャパニーズ・ネオ・ポッ­プ・リヴィジテッド」(出演:出演:中原浩大+ヤノベケンジ+村上隆/モデレーター:楠見清)のオープニング映像を古賀学が製作しました。この映像上映のあと登壇者が紹介されシン­ポジウムが開始されました。


「美術手帖」(美術出版社)1992年3月号特集「ポップ/ネオ・ポップ」に掲載され­た座談会「ポスト・ホビー・アート・ジャパン」を元に22年後の2014年から見た状態でリビ­ルドしています。

クリエイターを目指して上京した古賀学にとって「ガンダムセンチネル」と同じくらい(笑)衝撃的だった特集記事と座談会でした。「ガンダムセンチネル」と「ポップ/ネオ・ポップ」と「ザ・ながさき」(←高校卒業後ちょっとだけデザイナーとして勤務したタウン情報誌/数年前に残念な感じで休刊したそーです)によって、初期のペッパーショップの基礎は形作られたともいえます。さらにもっと遡れば「機動戦士ガンダム」とか「タミヤの白箱」とか「彼女が水着にきがえたら」とか影響直撃なものはたくさんあるのですがー。

当日のシンポジウムで古賀が個人的に刺さったのは、村上隆さんの「ピリオドをちゃんと打つ」という言葉でした。ピリオドをちゃんと打って行かないと次にいけないし、全ての声明や作品はピリオドとして機能しなければならないっぽい話が(そのピリオドを打てない日本の美術評論界はバカだし、そんな評論でわかった気になっているオーディエンスも情報弱者すぎる、ってな感じで)さらっと登場したのですが、ぼく自身は美術の世界に身を置いているわけでもないし評論家でもないのですが、ちゃんと「ピリオド」を意識していきたいなーっと。

そーゆー意味でも今回のオープニング映像はちゃんと「ピリオド」として機能してるものに(多分)なれててよかったかなと。そして次はどこにピリオドを打とーかなと。

2014年2月19日 古賀学

写真集・写真展「水中ニーソ」


音楽:PandaBoY(from B/W original soundtrack)
写真集『水中ニーソ』ポット出版/希望小売価格:1,800円+税/B5判/96ページ/並製
写真展『水中ニーソ』8月30日〜9月11日(9月5日は休廊)/入場無料/12時〜19時
PATER’S Shop and Gallery
150-0001 東京都渋谷区神宮前2-31-18/電話:03-3475-4947/ファックス:03-3408-5127

写真集「水中ニーソ」にあわせて原宿で写真展「水中ニーソ」もやります!
※追って随時更新していきます(2013年8月22日更新)。


これはアートだよ! アート! 村上隆・談(下から目線で)


彼女たちの美しさ
「ここはプールである」と明示する錆の存在が、この液体は羊水やL.C.L.なのではないのかという残念な夢想から現実に戻してくれる。ニーソとフィンの相性は抜群だ。美女たちは人魚になった。この人魚たちの四肢と色彩に時間と重力を忘れてしまおう。本来ナマ足ヘソ出しで我らを魅惑するはずのマーメイドがその身に重装備を纏い、ある意味で雄雌の性差を無効化してしまった。しかし私は男である。彼女たちをしっかりと見てその表情、体躯、舞いの美しさに心酔する自由がある。時に偶像化し崇拝することも許されよう。例えその自由を剥奪されたとしても命果てるその瞬間まで主張し続けさせていただく。これは古賀学の純粋な遊びなのか罠なのかわからないが、もう随分多くの時間を彼に奪われてしまっている。この水中の美女たちを見て人々は萌えるのか、性的な興奮を覚えるのか。私はこの美女たちと写真の数々がとても「美しい」と思う。
トーニャハーディング(シンガーソングライター・美女冒険家)

写真集「水中ニーソ」ニュース(7月26日時点)
>>水中ニーソ|ポット出版
>>マイナビニュース
>>Zigg
>>2.5D
>>fashionsnap.com
>>Qetic
>>7/18 Twitterで最もつぶやかれたAmazon商品
>>7/20 Twitterで最もつぶやかれたAmazon商品

写真集・写真展「水中ニーソ」ニュース(8月22日時点)
>>マイナビニュース
>>Zigg
>>2.5D
>>はちま起稿
>>KAI-YOU.net
>>男子ハック
>>ねとらぼ
>>大人の社会科見学
>>水着ファッションの新展開! 水着+ニーハイソックスが来る!?|ビーカイブ
>>水の中の女の子はかわいい!! あまちゃん、乃木坂に続く写真集とは?|ビーカイブ

ヘイ!! にゃん♡ – さよならポニーテール


さよならポニーテールのセカンドフルアルバム「青春ファンタジア」から「ヘイ!! にゃん♡」のミュージックビデオを製作しました。水中映像+モーショングラフィックスによるクリップです。

さよならポニーテール「ヘイ!! にゃん♡」MV
監督:古賀学
出演:ももちゃん14歳
メイク:田代裕梨
水中モデルレクチャー:Rina
水中撮影ユニット:(スプライト)西村辰哉、中尾友美、ミズキシュン、古賀恵
CG(生物発光パート):朝倉涼
A&Rディレクター・プロジェクトマネージャー:田口貴章(エピックレコードジャパン)
アシスタントディレクター:寺尾拓海(エピックレコードジャパン)
協力:Yuan、Mihoko、Yukie

2013年3月6日 エピックレコードジャパン
さよならポニーテール『青春ファンタジア』初回限定生産盤CD
さよならポニーテール『青春ファンタジア』CD

「青春ファンタジア」リリース当日(3月6日)に2.5Dに古賀学も出演することになりました(2.5D初出演です)。観覧および視聴よろしくお願いします!(観覧予約はすぐに定員に達して〆切ったそうです)→さよならポニーテール『青春ファンタジア』リリース当日イベント「はるポニ!」~春のアイドルスペシャル~

次ページへ »