Pepper Shop/ペッパーショップ

Jump to content.

検索

アーカイブ

彷徨するトライアングラー 〜月刊水中ニーソR・2017年10月号より

月刊水中ニーソR・2017年10月号より)
ウェブショップ→「月刊水中ニーソR」2017年10月号
Amazon→ 月刊水中ニーソR・2017年10月号 雑誌 – 2017/10/10


※クリックすると大型の画像が開きます。

解説:神田川雙陽(劇作家・ロボット工学者)/展示撮影:逢坂憲吾
ロケーション:PATER’S Shop and Gallery


 PATER’sが原宿の真ん中になくて、本当によかった。ギャラリーの空間を立体的に上下に結ぶ階段を昇りきって、そう思った。
 正面に米原作品。「未来のインスタグラムかSNOWです」と言われたら信じそうなキッチュなセルフィが左右に3×4ずつ、モノクロとカラーの2群によって空間を両断している。
 右側の壁には白根作品。ギリシャ神殿の列柱のように整然と並ぶ長矩形のキャンバスに、彫刻のように流麗な輪郭をもった女の子たちが鑑賞者の視線を奪い合いながら並ぶ。
 そして、対向する左の壁には水中ニーソ。天上までを使い切る巨大なタペストリーから、掌に収まる「水中ニーソのつぶ」まで、つぶのアクリルの屈折が水辺のように眩しく目に映る。
 思わず息が零れるような、見事な立方空間(キューブ)。分裂も融合もしない距離に、ぜんぶが静かにそこにある。しかも作家それぞれが“原宿”を直接的に描くことなく切り出してみせた、いわば“凝集系の原宿のキューブ”だ。
 今回のようなグループ展に限らず、複数の個性がひとつの空間を共有することはいつも難しい。たとえば演劇の舞台の上だってそうだし、それこそ原宿のような街だってそうだ。
 この展示で初お披露目となった「原宿ダイビング」は人気のない原宿の街の中に女の子が浮揚する幻想的な作品であるが、この作品がもつ「ただ単に原宿を舞台とした作品」に留まらないこの展覧会を貫く本質に、会場のVR作品を通じて気付かされた。眼前に360度広がる原宿の街。無数の観光客が行き交う雑踏の中を泳ぐ視線が古賀のカメラと同じ画角に触れた瞬間、無人の街とそこに浮かぶ女の子の姿がオーバーレイされる。「見慣れた原宿」に「静止した原宿」が上書きされ、同居する異質な体験。“それ”を最も効果的に味わうために必要な「準備」を我々はみんな終えた上でやって来た。原宿の街を通り抜け、この場所へと経巡る路々で。それら全部がこの展示の鑑賞だったことに気づく。
 ここは原宿の中にある、もうひとつの原宿。近未来の情報空間を想起させる米原作品、悠久の神話時代を思わせる白根作品、そして遠未来のディストピアと「ついさっき」通り抜けてきた原宿の街の乗算合成な古賀作品が併置され、凝集されてひとつのキューブとなり、すべてが「イマ・ココの原宿」に集結する。
 そんな快楽が原宿の果ての、PATER’sのガラス扉の向こう側に広がっていた。


VR映像製作:渡邊課

(キャプション)
古白米 セクハラ(SEXY harajuku)展
2017年8月4日(金)〜8月16日(水)
原宿 PATER’S Shop and Gallery
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-31-18

主催:古白米 古賀学 + 白根ゆたんぽ + 米原康正
ギャラリスト:佐伯剛規(PATER’S Shop and Gallery)
企画協力:米原葉子(オフィスサマサマ)、本橋康治
VR映像制作+上映:渡邊徹、越後龍一(渡邊課)

https://youtu.be/JyBbim2S3Nw

アー写加工:米原康正
デザイン:ペッパーショップ
展示設営+撤収:
  荒井浩之、立山柚子(PATER’S Shop and Gallery)
  小泉嘉樹、平良里奈(オフィスサマサマ)
  Nishimura T、古賀恵(スプライト)
  逢坂憲吾、大田洋輔
協力:白川重基(株式会社海洋堂)、bonobo

現在、コメントフォームは閉鎖中です。


Read more

«
»