Pepper Shop/ペッパーショップ

Jump to content.

検索

アーカイブ

セクシー+原宿≠セクシー原宿 〜月刊水中ニーソR・2017年10月号より

月刊水中ニーソR・2017年10月号より)
ウェブショップ→「月刊水中ニーソR」2017年10月号
Amazon→ 月刊水中ニーソR・2017年10月号 雑誌 – 2017/10/10


※クリックすると大型の画像が開きます。

解説:大田洋輔(編集者)/展示撮影:逢坂憲吾
ロケーション:PATER’S Shop and Gallery


 グループ展って難しいと思うんです。「この何人かで一緒に展示をやりたいよね」という「何かしらの展示」ありきで、なぜこの人達は集まったんだろうか、というのがよくわからないグループ展、よくあります。
 反対に、明確なテーマが設定されていて(たとえばおばけとか)、各作家がそれを題材にした作品を作っているんだけど、見ている間中、「この人は別の題材で描いたほうが向いているのでは……」みたいな余計なことを考えてしまうグループ展。これもままあります。
 今回のセクハラ展は、僕の見立てでは、古賀学が「原宿」、白根ゆたんぽが「セクシー」、そして米原康正がひとりで「セクシー原宿」でした。2階部分の展示が古賀、白根が米原を挟む配置だったのは、きっと偶然ではないはず。
 それぞれが自身の作家性をこれでもかと発揮した結果として、古賀(原宿)+セクシー(白根)はまったく米原(セクシー原宿)ではないのに、1階に展示されている3人の作品が重なったコラボレーション作品は間違いなく「セクシー原宿」になっているのが面白かったです(古賀作品の原宿成分は抜けているのに!)。
 個々の作品については字数もないので、古賀学の新作についてだけ。今回の作品は「水中ニーソを原宿に持っていったら」というアイデア部分だけなら普通なのかもしれませんが、実際に作品に落とし込まれた形はヤバいの一言。
 過去に古賀が作ってきた、実際の品川駅にプラレールの列車を合成した作品などを知っていれば理屈は納得はできるものの、普通水の中に沈められると思わないですよ、原宿は。
 ダイビング用プールという物理的な制約から自由になった水中ニーソは、文字通り壁を壊して、これまでにない解放感を獲得してネクストレベルに到達したように思います。
「水没都市」という、なぜか人々のノスタルジーを刺激してやまない要素が追加されたことで、これまで「わからない」「誰得」と言われ続けてきた水中ニーソが「わかる」「みんな大好き」になってしまう可能性も感じました。
 かつて繁栄し、今は滅びてしまった文明。誰もいなくなった、当時は“カワイイ”の象徴と呼ばれた場所を自在に泳ぎまわる一人の美しい女性。そんな誰も見たことのない光景を水中写真で描き出す古賀学の新作が見れるのは、セク◯◯展だけ! 一刻も早い次回グループ展開催を楽しみにしています。

(キャプション)
(写真左)レセプションパーティーは、展示初日にギャラリー近くのバー・bonoboで開催。米原・白根のDJに古賀のVJという布陣に加え、水中ニーソのモデルも集まり、大人の原宿感に溢れた空間になっていました。(写真右)この写真だけ見せて「なんという展示でしょうか?」という質問をして周りたいですね。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。


Read more

«
»